和服の正しい着こなし│体型に合った柄や色を選ぶ

女の人

祭りの衣装として活躍

半被

半纏はイベントやダンスの衣装として、幅広い使い道があります。よさこいの衣装として人気が高まっており。ネットを利用してオリジナルの商品を注文することも可能です。サイズ展開も幅広くなっているので様々な人が利用できます。

More...

オリジナル商品の注文

お祭り

オリジナルの半纏を作りたい場合は、まず専門店のホームページをチェックしてみましょう。お気に入りの商品が見つかったら、電話かメールまたはFAXを使って問い合わせてみましょう。

More...

帯や下駄もコーディネート

着物姿の女性

日本の文化として、和服は今でも生活に根付いています。普段は洋服を着用する人が多いのですが、イベントや祝い事の際には和服を着用することがあります。和服には独特の華やかさがあり、着る人を選ばずどんな方でも綺麗に着こなすことができます。和服と言っても様々な種類があります。一般的に知られている着物でも、訪問着や振り袖と細かな分類がされています。また、浴衣やはかまなど合わせるとその数はさらに増えます。訪問着は普段着として着用できる着物です。柄や色も豊富で、季節によってコーディネートを楽しむことができます。帯や下駄とのコーディネートで個性を演出することも可能です。着物の購入やレンタルの際は、全体の色合いを工夫して揃えておきましょう。薄い色合いの着物を着用する際は、全体の印象がぼやけてしまわないように、帯やバッグなど小物の色を濃くするなどコントラストを意識してみましょう。また、柄物の着物を着用する際は、柄の大きさや配置に気をつけて選びましょう。身長が高い方は、大胆な柄使いの着物が似合います。色も濃いタイプが華やかな印象になります。寂しい印象にならないように、全体に絵柄がある着物を選べば、全体のイメージを綺麗にまとめることができるはずです。骨格の良い人は、濃淡がある着物を選ぶとメリハリのある着こなしができます。縦のラインを強調したような柄の配置であれば、スリムに見えるのでおすすめです。パステルカラーよりも濃い色の方がバランス良く仕上がります。

昔ながらの伝統的な柄

布

婚礼衣装としても人気の色内掛は、レンタルすることが可能です。専門店では様々な商品が揃っているので、自分の理想に近い商品を見つけることができるでしょう。選ぶ時は、縁起の良い昔ながらの柄が入った商品を選んでみると良いでしょう。

More...