和服の正しい着こなし│体型に合った柄や色を選ぶ

婦人

昔ながらの伝統的な柄

布

日本伝統の衣装として、着物は今でも多くの人から愛用されています。イベントをはじめ婚礼の儀式の衣装として色打掛が愛用されています。色打掛は刺繍がふんだんに施されており、とても華やかな印象の作りになっています。購入するとなると、予算の確保に苦労してしまいますが現代ではレンタルすることができます。挙式の衣装選びで和装の着用を考えているなら、色打掛をレンタルしてみると良いでしょう。

色打掛をレンタルする際は、昔ながらの絵柄にこだわって選んでみましょう。昔ながらの絵柄には、縁起の良いモチーフが多く深い意味合いが込められています。例えば、鶴は色内掛の代表的な柄と言えます。長寿を意味する動物の為、婚礼の場でも良く利用されています。松や梅など縁起の良い植物と一緒に使われていることが多いです。華やかさをプラスしたいのであれば、牡丹や宝尽くしが描かれた柄がおすすめです。牡丹は豊かさの象徴とされている花で、嫁ぎ先で豊かに暮らせるようにとの願いが込められています。宝尽くしは打ち出の小槌や亀の甲羅など、ありとあらゆる縁起物が描かれた柄になっています。新しい門出に相応しい絵柄と言えるでしょう。

レンタル品の色打掛に使われる色は、赤や黒などが一般的でしたが、現代では数多くのカラーバリエーションになっています。豊穣や高貴さをあらわしたいのであれば金色がおすすめですし、純粋さや爽やかさを演出したいのであれば水色がおすすめです。